記事の詳細

オリコカードの審査を受けるうえで気をつけたいポイントはクレジットヒストリーです。
クレジットヒストリーには個人信用情報機関のクレヒス、社内クレヒスの主に2つあります。
個人信用情報機関には過去にクレジットにお申込みしたり、ご利用するとその情報が細かく記録されます。
これらの情報は全国様々な金融機関と共有されており、オリコカードに入会お申込みをされると審査の段階でお申込者の信用情報をチェックします。
このときに3か月以上の延滞や債務整理の事故情報があると審査に落としてしまいます。
これらの事故情報は永久に記録されたままではなく、期間が経過すれば削除されます。
延滞の情報は延滞継続中の間はずっと、延滞解消してからは1年ほどで削除されます。
債務整理の場合は任意整理で5年ほど、個人再生や自己破産で7年から10年ほどとかなり長期間です。
事故情報の心当たりがある方はしばらくの間、オリコカードの審査を受けずに待ったほうが良いです。
個人信用情報機関のクレヒスの場合は記録から削除されれば、オリコカードの審査で閲覧ができなくなります。
しかし社内クレヒスはそのクレジット会社のみに限られますがそのまま情報が残っています。
遅延や延滞の無い優良なご利用実績を上げていれば、そのクレジット会社の審査には通りやすくなります。
逆に遅延や延滞の実績を上げていると、信用情報では期間経過して削除されていたとしても、そのクレジット会社の審査には落ちやすくなります。
過去にオリコカードで遅延や延滞したことがありましたら、別のクレジットカードにお申込みされたほうが良いです。
クレジットカードには銀行系、信販系、流通系、メーカー系、交通系、石油系、消費者金融系など様々な系統があります。
このうち一番審査に厳しいのが銀行系と言われています。
比較的審査に通りやすいと言われているのが消費者金融系や流通系です。
信販系はこの中では比較的審査に厳しい傾向がありますが、オリコカードは比較的審査に通りやすいと言われています。
オリコカードはお申込者の属性よりも個人信用情報機関のクレヒス、社内クレヒスによる信用力を重視している傾向があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. orico36

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る