記事の詳細

オリコカードはそこまで審査基準が厳しいわけでもなく、必要な年収についてはあまり多くありません。それでも100万円程度でクレジットカードが発行出来るというわけでもないので、ある程度の収入を確保しておかなければ駄目です。正社員として仕事をしている方なら、200万円というラインはクリアできているので、多くの方が発行出来る状態となります。一方でアルバイトの方はこの年収に届かない可能性があり、落とされる可能性は高くなります。
また自営業の方は更にハードルが高くなっており、250万円くらいでも落とされる可能性があります。それでも基準が高すぎるというわけでもないので、利用可能枠を小さくしておけば審査に通る場合があります。オリコカードは申込みの際に、ショッピング枠とキャッシング枠の2つを設定することとなりますが、キャッシングを外してショッピングを小さくしておけば、発行できる可能性は十分に残されているのです。自営業の方は、設定を変えることで200万でも発行できることがあります。
これは一般的なオリコカードの場合であり、もっと高いものを狙うなら更に年収が必要となります。ゴールドカードの場合は最低でも300万円くらいは必要であり、信頼を築きあげていない場合は400万円でも落とされることがあります。ゴールドカードは年会費が安いことで知られていますが、その分審査基準がやや厳しく設定されているので、年収の額が小さい方には難しいかもしれません。
オリコカードは年収による審査はそこまで厳しい設定でもないのですが、それ以外の部分でチェックが厳しいとされているので、過去にクレジットで問題を起こしていたり、仕事をしている期間が短い場合は注意してください。特にゴールドカードを発行しようと考えている場合、問題が1つでもあれば落とされてしまいます。年収という部分で妥協をしてくれることはありますが、それ以外の審査については妥協をしてくれないので、落とされる可能性があることも考えてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. orico36

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る